photo0000-2376
京成スカイライナー
photo0000-0846
成田エクスプレス

   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
応援クリックよろしくお願い致します(^^)

 近年羽田の国際線利用が増えています。それならなんであんな遠くの成田に空港を作ったの?という議論はさておき、今後も使い続けるであろう成田空港への電車でのアクセスについて考えてみます。分かりやすくするため、JRは東京駅、京成線は上野駅を始点とします。

JR成田エクスプレス  56分  3,217円
JRエアポート快速  86分  1,317円

京成線スカイライナー  43分  2,465円
京成線成田スカイアクセス  62分  1,235円  (京成高砂駅乗り換え)
京成線特急  77分  1,025円

数字はとある午後13時頃の数字を乗り換え案内から拾ってきました。

 まず、特急だとぱっと見る限りはスカイライナーの圧勝ですね。時間も値段も成田エクスプレスよりはかなり短く、安いです。ちなみにスカイライナーは日暮里からだと36分です。

総合的にもこの戦いはスカイライナーの圧勝だと思います。


ではもう少し丁寧に比較していきましょう。

京成スカイライナーの長所
・時間が短く、値段が安い
・日暮里や上野までの利用客には良いが、上野以降に行くことはできない

成田エクスプレスの長所
・JRのため東京以降にも行くことができる
-大船行き  品川、武蔵小杉、横浜、戸塚経由
-高尾行き  渋谷、新宿、吉祥寺、三鷹、国分寺、立川、八王子経由
-大宮行き  渋谷、新宿、池袋経由
・座席はスカイライナーより勝る
・JAPAN RAIL PASSを持っている外国人は無料で乗れる

 時間と値段という決定的ともいえる要素で優っている京成スカイライナーに、成田エクスプレスが守備範囲の広さで対抗している図式ですね。正直ここまでカバーしていることは知りませんでした。


ところでJAPAN RAIL PASSはご存知ですか?それはそれはお得な切符です。

なんとこれさえあれば、例えば7日間JRのグリーン車が38,880円。普通車も26,110円で乗り放題です。

まじ?そんなのあったの?自分も作ろうかな?と思う方。残念でした。これは短期の外国人旅行客向けのもので日本人は当然利用不可です。

以前、日本をそれこそ隈なくグリーン車で旅行したという外国人に会ったことがありますが、もちろんJAPAN RAIL PASSを利用していました。羨ましい。。


さて、根本的な問題。成田はなぜこんなに遠いのでしょうか?というか時間がかかるのでしょうか?

 成田エクスプレスに一度でも乗ったことがある方は分かると思います。とにかく線路がまっすぐでないのです。JRも京成との競争があるのでできるだけ速くしたいのですが、現状でいっぱいいっぱいのようです。

 京成も線路がくねくねしているので、以前はそこまで成田エクスプレスとそこまで差がありませんでした。それが2010年スカイアクセス線なる新線を作ったのです。これは真っ直ぐも真っ直ぐで、距離も短縮されただけでなく、最高時速はなんと160キロです。

 スカイアクセス線は京成高砂駅からなので、そこまでは新型のスカイライナーでもノロノロ走っています。それが突然人格が変わったかのように走り出します。

これに慣れてくれると成田エクスプレスのノロさはとても気になります。


 最後にこれも大きな要素ですが、スカイライナーのチケットはたいていチケット屋で買えば安く手に入ります。消費税が8%になる前はちょうど2,000円で売られていることが多かったのですが、現在は2,100円程度で売られていることが多いようです。

このように安価にチケットを手に入れられれば成田エクスプレスとの差はますます開きます。ちなみに成田エクスプレスの割引チケットはあるのか?見たことないのですが。

自分も日暮里駅がそんなに近いわけでないので、便利さでは成田エクスプレスに軍配が上がりますが、今のところ安さと早さのアドバンテージの大きい京成スカイライナーを愛用しています。

特急でない鉄道や最近安価版もあるバスでのアクセスについても何れ記事にしたいと思っています。