IMG_5322
トラム@銅鑼湾 香港

   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
いつもクリックありがとうございます(^^)

しげPの美食健康ライフ


さて、ちょいとばかり高い夕食を食べた後に帰路につく。もうどこかに行くエネルギーは残っていない。地下鉄を乗り継ぎ銅鑼湾[コーズウェイベイ]駅に着く。

しかしこの銅鑼湾という駅。とにかく分かりづらい、人が多すぎ。しかも慣れないせいもあって、どの通りも同じに見える。
IMG_5317
大通りから少し入った所に「三田製麺所」があった。東京でも何件かあるが、ここ香港ではかなりの人気店のようだ。夜遅いのに行列である。この通りには自分が知らない店も含め多くの日本のラーメン店があった。
IMG_5316
頭が緑色の小型バスには、赤柱[スタンレー]の文字が記されている。香港島の裏側にある観光地である。明後日あたりに行けたらいいな。

などと、ぶらつくがホテルの方向は全然分からない。先ほど来た道がどうしてもわからないのだ。

ここで「良い」考えが浮かぶ。ホテルは香港競馬場の裏にある。トラムのハッピーバレー[跑馬地]行きに乗れば良いのでは?

とりあえず、跑馬地行きのトラムはすぐに見つかったので、すぐに乗り込む。3年ぶり久しぶりのトラムである。

すぐに2階席に行く。
IMG_5320
前が空いている。これで安心だ。
IMG_5324
トラムの運賃は2.3香港ドル[35円]ほど。本当に安い。

しかし、この後大きな落とし穴が待っていた。トラムは香港競馬場にそってホテルから離れていくように進む。そう、トラムの終点である跑馬地は、ホテルからは競馬場のちょうど反対側だったのだ。

実はそのまま乗っていればまた、半周してホテルに近づくのだが、その辺の事情がわかったのは翌日以降。

跑馬地のトラム駅から歩きだしてしまった。

競馬はまるでやらない自分。競馬場を横断する距離を完全に見誤っていた。歩けど、歩けど同じような景色が続く。眼に入るのは右目に競馬場の壁ばかり。

それでも根性で10分以上歩くと、「Subway」の標識があった。
IMG_5325
Subwayは地下鉄ではない。それは米語で英語では地下道のことだ。

また上下運動をはしたくなかったが、ホテルは大通りの先にあるし、ここをもぐるしかないのだろう。


こうして、なんとかホテルに辿り着いたが、靴を脱ごうと足を曲げた瞬間に太ももに激痛を感じた。こむら返りみたいな感じである。やべぇ、やっちまったか。

ホテルに着いて安心したのは、本当に一瞬だけで、お先真っ暗になってしまった。