IMG_5280
海老の生煎@小楊生煎 人民広場 上海

   にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
いつも応援クリックありがとうございます(^^)

しげPの美食健康ライフ

 「生煎」という料理をご存知だろうか?。生煎とは、小ぶりの肉まんを鉄鍋で焼いた料理。焼き小籠包とも呼ばれているらしいが、結構硬く小籠包のような感じではない。焼きまんじゅうという感じ。ボリュームがたっぷりでかなりお腹が膨らむ。

 「小楊生煎」はるるぶ上海に載っていた「生煎」の有名店。普通の小楊生煎はわずか4個で6元(100円弱)。この日は太っ腹に? 海老入りの大蝦生煎にしたがそれでも4個16元 (250円)。

肉と海老の詰まった「生煎」は絶品だった。

また上海に行くことがあったら必ず食べると思う。ちなみに東京にも自由が丘に「大山生煎店」という店があると聞き最近行ってみたのだが、上海で食べたものとは別物だった。


IMG_5268
ペンタホテルの客室からの景色。静かな部屋をリクエストしたので通りと反対側だ。
IMG_5269
こんなところで選択を干しているのか。

さて、今回の旅行は朝食付きではない。昨日の夜は激辛麺が美味かったがその前に豫園の刀削麺で大失敗している。

今日は慎重のるるぶを調べて人民広場付近にある「小楊生煎」で生煎を食べることにした。写真で見る限りともて美味そうだ。

尚、ホテルのある中山公園にも「小楊生煎」の支店があると知ったのは日本に帰ってから。汗。
IMG_5270
人民公園駅。黄河路というところに店はあるはずだが、8番を出てから少し迷う。
IMG_5271
どっちやねん?
IMG_5272
結局、黄河路は11番の方が近かったことが判明。。おいおい。
IMG_5273

IMG_5274
黄河路はそんなに広い道ではなかった。割と歩いてすぐに、「小楊生煎」は見つかった。
IMG_5275
しかし目の前の「佳家湯包」の方が全然混んでいた。ここは小籠包の店らしい。
IMG_5276
初志貫徹で「小楊生煎」へ。ここも混んでいるが入れないことはなさそう。

なお、「佳家湯包」に関してはブログ仲間の「ちゃーさん」がその後上海を訪問して行かれたようだ。以下にリンクを貼っておきました。やはりこちらも美味しいそう。上海を再訪したら必ず行くぞ。

東京ぐるめくーぽん活用日記「上海食べ歩き旅行記③」

IMG_5277
何にするが迷うが太っ腹?に海老入りにする。これでもわずか16元(250円)である。
IMG_5278
見た目は地味だが、
IMG_5283
裏はこんな感じで、
IMG_5281
空けると肉に加え海老がぎっしり。皮は固いし小籠包の感じはないのだけど美味い。そして熱い。猫舌ではないのだが苦労する。昨日の夜も熱い麺に苦労しったけ。中国半端ないないな。
IMG_5282

IMG_5284
この鉄鍋で作るのですね。

今日の朝食は最高だった。幸先よし。さてこれからどこに行こうか?静安寺にしようか。